■医療保険適用訪問マッサージ ■医療保険適用訪問マッサージ利用金表 ■ほっとさぽーとお問い合わせ ■フットケア(足の爪切り)外来
医療保険適用訪問マッサージ「介護予防支援団体」ほっとさぽーと
介護予防団体ほっとさぽーと概要

介護予防のフットケアを普及する民間団体「ほっとさぽーと 」
医療保険適用訪問マッサージ<介護予防支援団体>ほっとさぽーと
<介護予防支援団体>ほっとさぽーと 

たかがつめ、されどつめ。
技術のある人が活躍できる
態勢を作りたい。

ほっとさぽーと代表 折笠 無我
新聞記事NO1.pdf へのリンク   新聞記事NO2.pdf へのリンク
ご挨拶

時下ますます、ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

近年、高齢化が急速に進み、日本における65歳以上の高齢者の割合は20%を超え、まもなく4人に1人が高齢者と言う超高齢化時代がやってきます。そのなかでも、核家族世帯や独り暮らし世帯の問題も深刻で高齢者世帯の約5割に迫り、1人で生活するには健康意識を高め、健康を維持し、歩くことが出来なければ、生活さえおぼつかない時代になってきています。

岩手県内高齢者施設においても、巻き爪、肥厚爪、爪水虫等何らかの疾患を持ち、中には立つことも困難になり、不自由な生活をされている方がたくさんいらっしゃいます。巻き爪により痛みを伴い、歩くのが苦痛になり、生活する事、生きるのさえ拒否したくなり、毎晩、毎晩「死にたい」と念じていた方もいらっしゃいました。その方はただ爪を切るだけで、3カ月程で痛みがとれ、感謝されましたが、まだまだいらっしゃると思います。

さて、日本の福祉制度に於いては、足は軽視されていますが福祉先進国の北欧では足の専門「足病治療医」の公的な資格があり街角では治療院があり、高齢者ホームでは「足病治療医」がいて、離床の為のフットケアを受ける事ができます。高齢者ケアには欠かすことの出来ない重要な役割をしています。医療分野に於いても、スウエ−デンでは糖尿病の足病予防対策により、足の切断手術が10年間で10分の1に減少させたといいます。アメリカに於いても公的資格「足治療士」があります。

そこで、ほっとさぽーとでは、足元から健康を考え、フットケアをすることにより、快適な健康生活を送っていただくためのお手伝いができないかと考え、足爪のケアの技術者育成、普及を目的に講演会、講習会を実施させていただき、設立から4年活動してまいりました。

今後の活動は、岩手県内、市・町・村を廻り「足の重要性」を伝えていき、将来は日本版「足病治療医」学校の設立、フットケア財団をつくり、ケアを受けたい方が、いつでもケアを受けることが出来る体制をつくり、医療機関、福祉施設に於いても、施設に各1人専門知識のある人材ががいて、安心してフットケアできる体制を整備したいと考えています。 

最後になりますが、ほっとさぽーとの活動が岩手県の福祉の活動に貢献し、人間が人間らしく生きるお役立ちが出来れば幸せだと考えています。
フットケアは足を通して人の心に触れ、その人らしさを支えるケアです。


設立の理由

世の中のために役立ちたいと思っている人は多いことと思う。
私もその一人、何をすればいいかいつも試行錯誤していた高校時代から独立心があり、常に頭の中はアイデアを考えていた。

私の父は大阪で食品の会社を経営している。小さい頃から健康と品質にこだわりがある父の姿をみて、自分もそうありたいと常々思っていた。いずれは自分も健康と品質にこだわりのある人間、そして会社を作りたいと思っていた。そのため、東京や仙台、その他さまざまな地方へ行き、さまざまな経営者に出会った。人は使命を持ち仕事をしているとイキイキとして輝いていた。そんな事を考えているうちに、ある新聞記事が目についた。

それはある施設に入所している高齢者のうち、3割りJから4割りJの人が外反母趾や巻き爪、水虫により、立つことが困難になり、不自由な生活を強いられているということだった。それならば、せめて足の指や爪を治してあげることにより、一人でも多くの高齢者に、生活する楽しさや、働く意欲をもう一度味わっていただくようなサポートができないかと考えた。もし、足の指や爪をケアできる人が各施設に一人でもいたら、どれだけの足の問題を解決できるだろうか?そのようなことから、爪や足をサポートする事業を展開することとした。

数年前から高齢化社会がさけばれるようになり、保険制度、介護施設等さまざまな問題が話題にされた背景を考えると、今後もその問題は高齢化社会が改善されない限り解決するものではない。そのように考えると、生活に必要な健康に関してのサポートを行い、さらには健康というかけがえのない財産をもう一度取り戻して頂き、明るく元気に仕事が出来る仕組をつくることが私たちの使命と感じ、いつの日かサポートを受けた人、もしくは興味のある人たちと、健康、介護、保健、生きがいづくり、長寿社会、雇用創出も含めた事業を行うことが私たちの夢です。

最後に、ほっとさぽーとの活動が間違いなく福社の活動に大きな影響を
与え、問題を投げかけ、すばらしい活動ができると確信している。



介護支援団体
ほっとさぽーと
フットケアについて
ほっとさぽーとの活動
高齢者にとっての爪切りの重要性
メディカルフットケア
協会員(準備中)
介護予防支援団体 ほっとさぽーと メディカルフットケア足の爪切り